富士登山☆

今回の富士登山はF君(30代)とY君(20代)と私の3人で挑戦しました。

F君Y君はどちらもスポーツが大好きで、最近は山歩きにハマっている二人です。

今回選んだ登山ルートは御殿場口(海抜1500m地点からスタートする一番長いルート)ですがみんな体力には自信があり、予定通りに登頂、御来光を拝めるハズ、でした。

ところが・・・

F君、先週に扁桃腺の熱を出して、下がってはいたもの体調がイマイチだったんです。(*_*;

午後6時スタートして海抜2000m、2500mと登るにつれてF君に異変が...

酸素が薄くなるにつれ、ちょっとした体調不良が考えていた以上に体の負担になったみたいです。

何度も休憩を取りながらゆっくりゆっくりと頑張っていたのですが、午後10時30分、海抜3000mを越えた地点でとうとう動けなくなってしまったんです。

運良く、そこは砂走館っていう山小屋が在るところで、聞けば丁度3人が横になれるスペースがあり、休憩させて貰う事にしました。

そうなんです。
この前の写真、残念ながら頂上からの御来光出はなくて、山小屋から観たものだったんですよ。

それでも山小屋で数時間の仮眠を取ったおかげでF君の体調が大分回復し、御来光を拝んだ後、朝5時に頂上に向けて再出発しました。

富士山は頂上に近付くほど急斜面になり、酸素も徐々に薄くなりますから過酷度が増します。

用意していた携帯酸素を何度も吸いながら、ゆっくりゆっくり進んでは休憩しながら、7時頃ようやく頂上に到着しました☆

F君の負けず嫌いの性格は知っているつもりでしたが、今回の件では再認識しました!!
私もY君も山小屋で御来光を見たら下山を覚悟してましたから。

頂上で食事を取り暫く休憩したあと、噴火口を観たり最高地点の剣が峰で写真を撮り、お鉢巡りをして下山へ。

御殿場の下山ルートは名物の大砂場走りってのがあって、標高3000m地点から1500mのスタート地点付近まで砂地の斜面を走り下る事が出来るんです。

F君の体調も下山時には大分回復、本来の元気が戻り、2時間弱で下りきりました。(゜o゜)
F君、凄い回復力(@_@;)



富士山は地上から観ても日本一美しい山です。

しかし逆に富士山から見下ろす地上の景色、夜空(星や月がでっかくて近いんです!)そして東京まで見渡せる夜景の美しさも素晴らしいんです。
やっぱり日本一魅力的な山だと思いました!!
(だから大勢の人が訪れるんでしょうね。)

初体験の二人は素晴らしい景色に『絶対にまた来るぞ!』と誓っていました!!

◎土曜日朝4時に家を出発、そして富士登山、日曜午後11時30分に帰宅、中身の濃い2日間でした!(^^)!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ちい
2010年07月23日 21:58
すごいすごい、本当にすごいです!
つくしさんもYさんも、一番辛そうだったFさんも、
最後まであきらめずに、頑張ったんですね~
眺めることは出来ても、登る勇気はありません。
いつか私にもこんな素晴らしいことができるといいな。。
富士登山、お疲れ様でした。ホントにすごい!
つくし
2010年07月24日 13:27
ちいさんへ

私は富士山から観る壮大な夜景が大好きです!
何度観ても飽きないし、ず~と眺めていたくなります☆

F君、Y君の二人は頂上からの御来光を眺められなかったのが相当残念だったようで、次は絶対に頂上から観るぞって話していました。

この分で行くと、またいつか近い将来、富士登山に挑戦する事になりそうです!

その時は全員体調バッチリで臨みたいと思います。

この記事へのトラックバック