悲しい知らせ

静岡に住む犬仲間のKさんから、愛犬が亡くなったとメールが入りました。

ハスキー犬の♂で11歳でした!

今月に入って肺炎を患いそれによる感染症で体内のあちこちに出血、輸血も試みたけど駄目だったようです

我が家で飼っていた先代のべー(ラブラドールレトリバー、享年9歳)、そして今のつくし(ミニチュアシュナウザー7歳)と沢山遊んだ光景がハッキリと甦って私もめちゃ辛いです。

家族同然の愛犬の死、本当にKさんは辛いと思いますが、早く元気を取り戻して欲しいと願うばかりです。

きっとべーと共に天国の草原を走り回っていることでしょう!

沢山の思い出をくれたワンちゃんに感謝すると共にご冥福をお祈りします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

しのりん
2011年05月19日 20:22
ご冥福をお祈り申し上げます。
愛犬は家族と同じ、亡くすとほんとに辛いと聞いています。
飼うにはそこを覚悟しないといけなくて、もう少し落ち着いたらと思ってます。
つくし
2011年05月19日 23:45
しのりんさんへ
私は淡路島の田舎育ちなので、高校卒業するまで犬、猫、やぎ、ニワトリ、牛(コレはペットではないですが)と色んな動物を常に飼っていましたが、別れは何度経験しても辛いものです..。
先代の愛犬が逝った時、うちの奥さんは3日3晩泣き続けてたのを思いだしました。。
たぶん私が死んでもあそこまで泣かないだろうなってくらいでした。
(≧ヘ≦)
ペットは飼い主を選べないので、最後までしっかり飼ってあげたいですね!
(^O^)

この記事へのトラックバック