神戸マラソンを走って☆

今日は久々にお休みを頂きました。

その時間を利用して神戸マラソンの結果報告です。

今回ほど練習出来ていない状態で挑むフルマラソンは初めての体験、という訳で目標タイムを設定してがむしゃらに走る事を今回は回避しました。
(練習出来なかった理由は言い訳になるだけなので書きません。)

そんな状況で設定した今回のテーマは『頑張らないで走る=神戸マラソンを楽しむ♪』です。

朝6時過ぎに自宅を出発しJR三ノ宮駅に7時20分に到着、西口を出るとスタート地点は直ぐそこ、既に沢山のランナー達で一杯。

私も準備運動とストレッチを入念にすませスタートの30分前には指定の集合場所Bブロックに並ぶ。
(A~Kまでブロック分けされているのでBブロックは前の方で結構いい位置です。)
周りを見るとレース前の緊張した雰囲気は全くなくて、皆さんこれから始まるお祭りを楽しみにワクワクしてスタートを待ち望んでいるって感じでした。

私もワクワク(#^.^#)


そしていよいよ9:00の時報とともに、待ちに待ったスタート!
ピストルの音と共に人の波が動きだす。

Bブロックという事でスタート直後のロスタイムはそれほどでもなくて、約3分でスタートラインを通過できました。
でもしばらくは超スロージョグで人の波に身を任せる。

しっかしランナーの数も凄いけど、沿道の応援者の数も半端じゃないのにびっくり!
いつも見ている神戸の街が、良い意味で全然違った景色で躍動している!

既に感動!!(゜゜)

5kmを約31分で通過、やっと自分のスペースが確保出来て走り易くなる共に、身体が温まってきて自然とペースが上がる。

10km、15kmを順調に通過、メッチャ気持ちいい~!!

沿道の応援者から沢山の声援と共に沢山の手が伸びる!

多くのランナー達はハイタッチで観客に答える。
みんな笑顔!

そして私もハイタッチ☆

楽しぃー!!!(^^)!
(これがやりたかったんですーーーー!!!)

そして左手に生まれ育った淡路島、前方には明石大橋の絶景が!!

そして沿道から「つくしさーん頑張れ~」の思わぬ声援、見ると会社のランニング仲間、「ありがとう!」と手を挙げて答える!

仲間からの思わぬ応援に元気充電!

そして17.7kmの折り返しを通過

折り返しと共に風が向かい風から追い風になり、楽になるかと思いきやかえって無風状態になり暑さを感じる。
後半は暑さとの戦いになると思っていたので、給水は最初から欠かさず早めに摂っていて正解。
(脱水になってからでは遅いので)

20km通過(1時間48分)
何処まで行っても沿道の観客が途絶える事が無い!

あらためて凄いね!(゜o゜)

25kmを過ぎて、徐々に気持ちいい走りから足に疲労が出始める。
練習不足だから仕方ない、想定内なのでスピードを落として暫らく対応。
今回は大会を楽しむのが目標、タイムは関係無いのだから♪

そして再び「つくしさーん、ファイトー!!」の声、また別のランニング仲間の声援にここでも新たな元気の摂取!!



元気は貰ったものの、ここまで来ると相当カロリーも消費し空腹感が出てくる。


丁度そんなタイミングで沿道で一般の方々の”おにぎり”のおもてなし!

頂きまーすと1個頂いて口に頬張る!!

競技として走っていた頃はレース中に給食するって有りえない事なので、これも一度やってみたかった事の一つでした。

嬉しい~、メッチャ美味しい~☆


30kmを過ぎる(2j時間43分)

足の疲労も半端では無くなり、ここからは頑張らないで歩きを入れる事にする。
少し歩くと楽になりまた1~2km走るを繰り返す状況!

丁度そんな頃、沿道の応援プレートには
『その足の痛み、その疲労は気のせいです!!』
と書いてあるの読んで、思わず笑ってしまいました(^O^)


そしてようやく見えてきたのが、カワイイ後輩が待っている34.6km地点の給水所。
ここはやっぱり見栄を張り、目一杯元気を装って全力走で到着。
「お疲れ様ですー!待ってましたよ、頑張ってくださーい!」とコップを渡してくれる彼女の笑顔に癒され、またまた元気充電! 

手を振って先を目指す。

※あとで後輩からメールがあり「お疲れ様でした!メッチャ疲れてましたねー!!」・・・
 後輩にはやっぱりばればれでした ^_^;


ここからはいよいよポーアイへつながる浜手バイパス入口、しばらく上り坂があるのと自動車専用道路でポーアイまでの約3kmは観客が居なくなる最大の難関です。

でも予想外だったのはボランティアの方々の声援、道路の両サイドに30~50m間隔で配置されていて必至で声を掛けて下さるのです。
声援が途切れない様にと大会側の配慮を感じ関心すると共に、ボランティアの方々に感謝でした。

ところがココでアクシデント
ポーアイに入る下り坂のところで、おじさんランナーが苦痛の表情で倒れていて動けない様子。

余りに痛そうだったので
「どうしました?大丈夫ですか?」
と声を掛けると

「足をつって・・・痛っ!」

「どっちの足ですか?」

「うっ、両方・・・」

これは痛くて動けんわ、まだ観客がほとんど居ないエリアで、ボランティアもちょっと遠い。

これは走ってる場合じゃ無いと、急遽救護班に転向し、ふくらはぎを延ばす!
でも両足を一度に対応は無理!と思いながらも必至でやってたら沿道のおじさんが来てくれて二人で救護!!

「ありがとう! やっと治まりましたぁ、もう走って下さい!!」
とおじさんランナー。

「頑張ってくださいねー、」と私もレースに復帰。
※あのおじさん完走できたかなぁ


そんなこんなで残りは約3kmほど
それにしてもポーアイから見る海越しのハーバーランド方面の景色が綺麗で疲れを忘れるくらいでした。

いよいよ楽しんだ神戸マラソンも最後の直線に・・・

この直線道路、すごい応援と声援でした!!

疲れているはずのランナー達はみんな笑顔、
ゴールを目指して最後の激走です。

そして万歳でゴールイン☆☆☆

4時間14分23秒(自分で計測)

以上、私の第一回、神戸マラソンでした☆☆☆


完走の記念メダルです。

画像



『文章、長っ!!』

思いだしながらのなぐり書きで読みずらかったと思いますが読んでくださってありがとうございます。
そしてブログを通じて応援コメントや気持ち玉をを下さった皆さん、ありがとうございました。
お陰様で最高に楽しんでゴール出来ました。

フルマラソンは10回以上走っていますが、ストイックに自己のベストを目指して走るのも遣り甲斐があって楽しいし、今回の様に大会自体を楽しんで参加するマラソンも素晴らしいなぁと実感しました。

これからも競技としてのマラソンと、大会を楽しむマラソンを上手く組み合わせて、ランニングを楽しく続けて行きたいと思います。

第一回神戸マラソンを走る事が出来て本当に良かったです。
今回は参加出来なかったあなた!

お勧めの大会です!!
(^O^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2011年11月23日 16:30
 お疲れ様でした。
 そして、自分だけでも大変なのに、足をつっている人を助けてあげるとは、なかなかできないことです。
 思い出に残る大会になってよかったですね。
 
2011年11月23日 16:59
完走おめでとうございます!&お疲れさまでした。
第一回開催の大会なのに、とても素晴らしい大会のようですね♪
競技としてのマラソンも、楽しむマラソンも出来るつくしさんも素晴らしいです
いつかは私もぜひ走ってみたいです!
つくし
2011年11月23日 21:59
るはさまへ
コメントありがとうございます!

あのおじさんランナーには申し訳ないけど、忘れる事の無い思い出の一つになりました。

そして来年も走りたいって思える大会でした☆
(^O^)
つくし
2011年11月23日 23:16
mayuさんへ
ありがとうございます!

ボランティアや観客の皆さんがランナー達を盛り上げてぐれて、終始楽しく走れました♪

大会運営も素晴らしかったと思います!
(^O^)
しのりん
2011年11月24日 22:31
素敵な大会だったようですねぇ。来年は是非!完走メダルも素敵!
おじさんを助けても4時間台とはすばらしいです。お手本にさせていただきます!

しかし・・・両足つったら走れないですねえ。。痛そう
つくし
2011年11月25日 12:40
しのりんさんへ
30キロを過ぎた頃から立ち止まって屈伸したり足のストレッチをしているランナー達がちらほらと増えて来るんですけど、両足をつって動けなくなっているランナーは初めてでした。

救護していた時間ってせいぜい2~3分なので、大したロスタイムではないんです。

なので今回のゴールタイムは、残念ながら今の私の実力値です。
(^O^)


この記事へのトラックバック